3.16 JR東海ダイヤ改正

JR東海では、平成25年3月16日(土)にダイヤ改正を実施します。

東海道新幹線では、ダイヤ改正に先立ち、最新のN700A車両6編成を、700系車両に代えて投入することにより、快適で環境性能に優れたN700系タイプで運転する列車を増やしてまいります。

あわせて広島・岡山〜首都圏間の「のぞみ」をよりご利用いただきやすくするとともに、お客様の多い朝・夕時間帯に臨時「のぞみ」を新設し、「のぞみ」を1時間に最大10本運転できる時間帯を増やすことで、指定席がよりお求めいただきやすくなります。なお災害等の異常時におけるダイヤの回復能力向上等を目的として工事をしてまいりました新大阪駅27番線を、ダイヤ改正に合わせ供用開始いたします。

在来線では、平成22年より進めてきた313系電車120両の新製投入が完了するのに合わせて、東海道線で増発や編成両数の見直しを行います。また、中央線では昼間から夜にかけてのダイヤパターンの見直しなどを行います。

ダイヤ改正の主な内容は以下のとおりです。

《新幹線関係》
1.最新のN700A車両を投入し、N700系タイプで運転する定期列車が増えます
2.広島駅朝6時台発の東京行き「のぞみ」の発車時刻を見直し、約20分間隔とします
3.東京着12時台、東京発18時台の「のぞみ」を各1本、岡山始発・終着(現:新大阪始発・終着)とし、首都圏と新神戸・姫路・岡山間のご利用がより便利になります
4.東京発7・8・17時台の臨時「のぞみ」(東京発新大阪行き)を新たに設定し、1時間に最大10本の「のぞみ」を運転できる時間帯を拡大します
5.その他

《在来線関係》
6.東海道線の快速・普通列車用電車が、すべてJR発足以降に新製した車両になります
7.名古屋地区の東海道線で、朝通勤時間帯を中心に輸送力を増やします
8.中央線では、昼間から夜にかけてのダイヤパターンを見直します
9.特急列車の時刻を一部見直します
10.静岡地区の東海道線ダイヤを一部見直します
11.東京方面から関西・紀勢・参宮線方面の「快速みえ」へ、お乗り換えが便利になります
12.その他

JR東海
http://jr-central.co.jp/
平成24年3月ダイヤ改正について(別紙詳細)
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000017068.pdf

2013-03-01/00:00:00 (1,516 ヒット)

«  |  »