7.1 名駅周辺たばこ違反者過料へ

安心・安全で快適なまちづくりなごや条例に基づき、平成17年3月17日からはじまった名古屋駅などの路上禁煙地区指定は、まずまずの成果をあげたものの、依然駅周辺のポイ捨ての吸殻が減らないことと目標数値を達成できていないことから、平成18年7月1日より違反者から過料2000円を徴収することになった。

名古屋駅太閤通口の噴水広場や、桜通口のロータリーや2階タワーズテラスは開放的でついたばこに火をつけたくなる場所だが、この条例施行で喫煙者のマナーがあらためて問われるとともに、過料以上に公衆の面前での不名誉は避けたい。

http://www.city.nagoya.jp/mayor/kaiken_h18_text/nagoya00026327.html

2006-06-15/00:00:00 (2,520 ヒット)

«  |  »