いろんなこと : 3.26 JR東海ダイヤ改正
管理者: kohhaku 2016-3-2 0:00:00 (1226 ヒット)

JR東海では、平成28年3月26日(土)にダイヤ改正を実施します。

東海道新幹線では、N700Aの新車投入を順次進めてきており、また、N700系改造工
事が完了したことなどから、最高速度285km/hで運転する「のぞみ」「こだま」を増やし所要時間を短縮するなど、さらに便利なダイヤとします。

在来線では、高山線の特急「ひだ」について、富山から名古屋方面への運転時間帯を、
よりご利用いただきやすいように一部見直すほか、東海道線で朝通勤時間帯に列車を増
発します。


ダイヤ改正の主な内容は以下のとおりです。

《新幹線関係》
1. 早朝・深夜において、「のぞみ」3本の所要時間を3分、「こだま」5本の所要時間を1分〜4分短縮します。
2. 日中の一部臨時「のぞみ」の所要時間を3分短縮し、日中時間帯の「のぞみ」としては最短の2時間30分運転となります。
3. 東京着22時台となる臨時「のぞみ」を増発し、1時間に最大10本の「のぞみ」を運転できる時間帯を拡大します。
※ 既にお知らせの通り、本改正に合わせて車内改札方法を変更いたします。これにより、一層おくつろぎ頂ける車内空間を提供してまいります。


《在来線関係》
4. 特急「ひだ」について、富山から名古屋方面への運転時間帯を一部見直します。
5. 東海道線では、朝の列車を増発するなど、通勤時間帯の利便性が向上します。
6. 武豊線では、名古屋からの直通運転時間帯を拡大します。
7. 東海道新幹線「こだま」の所要時間短縮にあわせて、御殿場線・身延線方面への接続を改善します。
8. 紀勢線・参宮線は、すべての普通列車がキハ25形・キハ75形気動車になります。
9. 名松線では、バスによる代行輸送を行っている家城〜伊勢奥津間で、列車の運転を再開します。
10 一部列車の運転区間を見直します。


JR東海
http://jr-central.co.jp/
平成28年3月ダイヤ改正について(別紙詳細)
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000028822.pdf

印刷用ページ このニュースを友達に送る